縁起

人との待ち合わせをする時、場所の3次元座標だけでは永久に会えない。待ち合わせ時間を入力して初めて出会える。4次元空間をわかりやすく説明する例えですが、4次元世界は物理的には1/10^-44秒で生まれて消えるこま切れの世界が玉突き(縁起)しながら連続している、その瞬間の縁起を他者のために生きることが大事ですと、わかりやすく?書いてありました。他にも時間は未来から過去へ流れるとか、思考は時空を超えるとか。天才の考えることは面白いですね。参考図書:苫米地博士の「知の教室」

コメント