断食

飢餓状態に自分に必要性の少ないたんぱく質を分解し必要なたんぱく質を合成するオートファジー(ノーベル賞受賞理論)この仕組みで、体を掃除してくれ老化の予防してくれるだけでなく脳由来神経栄養因子(BDNF)が増加し記憶や認知機能が向上したり気分が改善されるなど断食のメリットはいろいろあるらしい。
断食にもいろいろやり方がある
①24h断食
②1食断食
③1日おきにカロリーを1/4に減らす断食
④毎日食間を8hあける毎日断食
⑤1週間に1回水だけ飲む水断食など。
何年か前1食断食をやったことがあるが、健康以外のメリットもやってみて気がついた
①食費が減る
②奥さんが食事を用意する回数が減るので機嫌がよくなる。
③調理や食事に費やす時間がなくなるので時間が増え仕事がはかどる。
④1回しか食べないのでインスタント食品・ジャンクフードはあまり食べなくなるなど。1回に食べる量は制限しなかったのでドカ食いになるが、さすがに1回で2食分は食べられなかった。また胃も少し小さくなるようで満腹感を早く感じるようになった。
結局、周りから健康に悪いんじゃないのという家族や医者の忠告に従い3カ月くらいで止めてしまったのだが体重は3kg減量することができた。
現在は、昼食抜き断食(8h空ける)を心掛けている。奥さんが喜ぶし、空いた時間でスポーツジムで空腹を紛らわすだけでなく筋力もつけれる。中年以降は、毎年体重の1%の筋肉が減少し脂肪に変わっていくらしい。来るべき闘病生活に備えて体力を貯金しておくこともいいのではと考えております。

コメント