低アルブミン血症

低アルブミン血症
臨床症状末梢浮腫、腹水、胸水(通常アルブミン<1.6g/dlで起こる)
腹水、胸水の性状は漏出液で、典型的には無色透明
蛋白<2.5g/dl、比重<1.018で細胞成分は少ない。
低アルブミンが進行する前に体重減少(筋肉量の減少)がみられる場合も多い。

鑑別診断リスト
①肝不全https://broadsky.blog/%e8%82%9d%e4%b8%8d%e5%85%a8/451/

②蛋白漏出性腎症(ProteinLosingNephritis:PLN)

③蛋白漏出性腸症(PLE)
PLEの診断のためには何らかの形で生検を行う必要性があるため、先にPLNと肝不全を除外する。https://broadsky.blog/%e8%9b%8b%e7%99%bd%e6%bc%8f%e5%87%ba%e6%80%a7%e8%85%b8%e7%97%87ple%ef%bc%89/453/

④炎症性腸疾患(IBD) https://broadsky.blog/%e7%82%8e%e7%97%87%e6%80%a7%e8%85%b8%e7%96%be%e6%82%a3%ef%bc%88ibd%ef%bc%89/457/

⑤糸球体腎炎

⑥飢餓(軽度)

⑦門脈体循環シャント(PSS)

⑧体外の出血

⑨膵外分泌不全(軽度)https://broadsky.blog/%e8%86%b5%e5%a4%96%e5%88%86%e6%b3%8c%e4%b8%8d%e5%85%a8%ef%bc%88epiexocrine%e3%80%80pancreatic%e3%80%80insufficiency-%ef%bc%89/370/

⑩火傷

⑪消化器の潰瘍

⑫リンパ腫https://broadsky.blog/%e6%b6%88%e5%8c%96%e7%ae%a1%e5%9e%8b%e3%83%aa%e3%83%b3%e3%83%91%e8%85%ab/459/

⑬リンパ管拡張症

⑭アミロイドーシス

参考資料:犬の内科学ノート、研修会資料/東京大学動物医療センター:内科系診療科 大野耕一

コメント