「お金2.0」(佐藤航陽)

kindl読み放題で「お金2.0」(佐藤航陽)読んで、孫が成人する頃は、こんな時代になるのかと思うと、常識に囚われない教育を今からしておかないといけないよねと考えさせられる。
自分なりに要約すると、インターネットによって知識、情報の分散化が進み、中央集権化がしにくくなる。AI,IoT,テクノロジーの発達によって労働は機械化によって自動化され人間はお金や労働から解放される。ベーシックインカムで最低限の生活が保障され、お金の価値がなくなっていく。お金に変わる価値として、信用,美、愛、感情など数値化しにくいものがIT技術によって可視化され、トークン化(仮想通貨)され、既存の貨幣システムと並列に共存していく。
人は、お金から解放され、物質的な充足から精神的な充足を求めるようになる。資本主義から価値主義(例えば社内通貨、FacebookやYouTubeの「いいね!」、「投げ銭」・・)に変わる。
こんなに短くまとめてはたぶん理解不能だと思うが、興味のある方は是非読んでほしい。枠組みのなかの競争から枠組みを作る競争はすでに始まっている(Amazon,Google,BitCoin・・・)。劇的に変わるシンギュラリティ(特異点)は2045年頃らしい。好きなことだけやって楽しく暮らせて人生全うできるなら夢のような話だ。・・・

コメント